【家づくり】我が家が2Fリビングにした理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

我が家のリビングは2Fにあります。

なので

なぜ2Fをリビングにしたのか?

と質問を頂く事があるんですが、これに深〜い意味はありません。笑

我が家がなぜ2Fにリビングを持ってきたかというと下記の通り。

2Fリビングにした理由
  • 我が家は二世帯住宅(完全分離)で、1Fが親世帯の部分が多くを占めているから
  • リビングから行き来できる大きいバルコニーをつくりたかったから

まず我が家は二世帯住宅(完全分離)で、1Fのほとんどの部分が親世帯の部屋になっています。

なのでそこに我が家のリビングを持ってくるとなるとスペース的に難しい・・というのが大きな理由です。

変わりに仕事部屋や子供部屋を1Fに持ってきました!

また我が家は大きいバルコニーをつくって「ドッグラン」にしたいという計画がありました。

なので2Fにリビングがあれば、リビングとバルコニーを繋ぐ事ができるのも大きな理由になります。

ドッグランは庭でも良かったんですが、庭にドッグランだと土地面積も必要になってくるので、、1Fの親世帯住居の上をルーフバルコニーに。

そしてリビングからバルコニーの行き来を簡単にすれば、りんご郎もより伸び伸びと暮らせますし、僕らが掃除をしたり料理してる時でもバルコニーで遊ばせる事ができます。(目の届く位置で遊べるので)

ただ大きなバルコニーというと「防水」「メンテナンス」「コスト」などのデメリットがあり、おすすめできないと他のハウスメーカーから言われた事もありますが、バルコニーについてはまた別の記事で詳しく書きますね。

2Fをリビングにして生活しやすいか?という疑問に関しては、しばらく暮らしてみないと正直わかりません^^;

しばらく暮らしてみて、2Fリビングして良かった事や悪かった事が出てくると思うので、その時にまたブログにでも書いてみようと思います。

おたか
WRITER
このブログを書いてる人。
ブログを書くのが好きなので、家づくりの記録としてりんごのおうちを開設。
普段は美容師やってます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

S H A R E
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる